清水磨崖仏群

清水磨崖仏群は,昭和34年に鹿児島県指定文化財(史跡)に指定されています。
岩屋公園を流れる清水川右岸の屏風のように切り立った長さ約400メートルの岩壁に,平安時代から明治時代までの間に彫られた梵字や五輪搭・宝印搭の供養搭,仏像等が,全部で193体残っています。
中でも,平安時代後期推定の「大五輪搭」は,高さが約12メートルもあり,日本一大きなものです。
また,鎌倉時代中期の「月輪大梵字」は,大きさだけでなく,字の美しさでも日本を代表すると言われています。
他にも貴重な彫刻群が多く,川辺町を代表する貴重な史跡です。