知覧特攻平和会館企画展「戦後73年 知覧で戦争を知る」

  • ~住民が残した記録と想い~

特攻隊員は多くの人々に支えられていました。三角兵舎で身の周りのお世話をした女学生、慰問に行かれた婦人会や小学校の児童、遺族に最後の様子を伝えた住民、飛行機や爆弾の運搬を行った防衛隊員など多岐に渡ります。周辺の人々がどのように特攻隊員を支えたのか、残された資料を紐解き、その一端を紹介する企画展となっています。
会期中は、専門員による特別解説もあります。

詳しくはHPをご覧ください。

ホームページ: http://www.chiran-tokkou.jp/about/events/insession.html