対空無線通信施設跡

コンクリート製半地下式の壕で、特攻機から送られた無線の受信や各飛行場との連絡を行いました。

戦後、爆破されたため痕跡はありませんが、跡地には石碑が建立されています。