三角兵舎跡

三角兵舎跡 空襲を避けるため飛行場から少し離れた松林の中に三角兵舎が造られました。三角兵舎は、半地下式木造のバラック建てで、屋根には偽装用の幼木をのせていました。ここで特攻隊員たちは出撃までの数日間を過ごしたのです。現在、その跡地には三角兵舎跡の石碑が建てられています。また、特攻平和会館の隣には、復元された三角兵舎があり、当時を偲ぶことが出来ます。
現在はきれいに整備されています。